がん検診は必要ないのか?

先日、ショッキングなタイトルの本を見つけた。
「がん検診を信じるな」と言う本だ。

がん検診を信じるな ~「早期発見・早期治療」のウソ (宝島社新書)

がん検診を信じるな ~「早期発見・早期治療」のウソ (宝島社新書)

 

 私はいつも、今くらいの時期に健康診断&がん検診を受診してるのだが、この本を読んで悩んでしまった。

この本では、がん検診は百害あって一利あるかどうかと言っているのだ。
がん検診によって、治療の必要のないがんを見つけてしまう。
しかも、そのがんの手術によって、かえって寿命を縮めてしまう。
更にビックリしたのが、がん検診を受けても寿命が延びる科学的根拠は一切ないと言うのだ。

有名人やテレビの健康番組が、がん検診の重要性と早期発見&早期治療を推奨しているが、あれはいったい何だったんだろう…、と思ってしまう。

サラリーマンと違い専業トレーダーなので、もしもがんで手術&入院と言うことになれば大変なことになるので、毎年しっかり検診をしてたのだが…。

でも確かに、自分の近しい人が癌になったケースで、吐血や下血をして病院に行きがんが発見され、手術で無事完治した人もいれば、検診でがんが見つかり、手術をしたが亡くなった人もいる。

今までは、その人の運だと思っていたのだが、がんと言うものは、早く見つかろうが遅く見つかろうが、治るがんと治らないがんがあると言うことか…。
であれば、検診の必要性は全くないと言うことになる。

う~ん(>_<)
悩んだ結果、今年は検診をパスしてみることにした。
投資といっしょで、勿論自己責任です。
胃カメラorバリウムを飲まなくていいかと思うと、少し気が楽になった。

もし健診するなら、大便潜血検査と著者が書いていたので、来年はそれだけは受けてみてもいいかな。

 

冴えないなぁ…

一応利益にはなったけど、じわじわと上がって、ストンと落ちた。
なので、含み益をかなり削られての決済だった…(>_<)
何で、急落したんだろう(・・?

下落後、200時間線にタッチして、今は一休みというところか…。

もう今夜は、動かなくていいや。
昨夜遅くまで起きてたので、眠たい(-_-)zzz

 

今回こそは…

…と思ったが。
結局損切りになった(T_T)
何度か下値突破をチャレンジしたが、結局112.60を割ることはなかった(>_<)

時間足を見てると、そんなにそこに抵抗を感じないんだけど、日足を見ると、終値で200時間線を割らない強さを感じる。
長期的には、上目線でいいのかな?

今、200時間線を越えてきたので、もう少し勢いが出れば買いでエントリーしてみるか。

 

4連敗(T_T)

はぁ~っ(>_<)
もう、溜息が止まらない(>_<)

相変わらず、上にも下にも行かない。
全然伸びがない。
ドル/円は、112円を割ったので勢いに加速がつくかと思ったのだが、逆にそこから戻してしまった。
今年は、このパターンが多いなぁ…。

はぁ~っ(>_<)
また、溜息が出ちゃった(>_<)

 

今日は動かない(>_<)

それにしても、金曜日の急落は何だったんだろう?。
特に調べはしなかったけど…。
しかし、あれはひどい落ち方だった。

雇用統計の発表後に上昇、そしてさらに上昇しそうだったのでピラミッティングしたのだが…。

最初のエントリーは雇用統計の発表前だったので、いい感じで含み益が増えていった。
さらに、買い増しのサインが出たので躊躇なく買い増し。
しかし、23時過ぎからの急落で決済を余儀なくされ、トータルではマイナス決済に…(T_T)

思うようにいかないね。

今日はもう、ノートレだろうね。

 

久々に喰らっちゃいました…

往復ビンタ(>_<) 

買っては下がり、売っては上がり、全く噛み合わない(>_<)

こういうトレンドレスな相場は、順張り派の自分のトレード法では、全く機能しない(>_<)

せっかく、最近いい調子で今年のマイナス分を回復してたのに…。

取り敢えず、明日の雇用統計の発表待ちか…。